これからDTMを始めてみたい人は必見!こちらでオススメの機材を紹介しています!

iPad Proを音楽制作のメインマシンに据えるのは難しい

本ブログ「musirak.com」をご愛読されている読者の方々は既に察しているでしょうが、私は現在、MacBook Proの上でAbleton Live 10をメインに用いて音楽制作をしています。
このようなあたかもiPad Proを使って音楽制作に取り組んでいるような記事を書いたにも関わらずです。

音楽制作の視点から見たiPad Proレビュー

なぜ私はiPad ProからMacに制作のメインマシンを戻してしまったのか。
それはあまりにも辛かったからです。

面倒なことが多すぎた

iPad ProでiOSアプリを用いての音楽制作を始めるにあたり、導入当初でもアプリの使い勝手や音源の音質の向上によって、これならiPad Proをメインマシンに据えて音楽制作をやっていっても大丈夫だろうと思っていました。
そして、その考えは間違いではなく、実際特に問題なく制作にあたっていられました。

ただ、音楽作品を制作することに関しては問題なかったのですが、効率よく作業するということに関しては難があると言わざるをえませんでした。

アプリ間の連携が貧弱

iPad ProはMacのように母艦となるDAW上でプラグインとして音源やエフェクトを立ち上げていくのではなく、各アプリを個別に立ち上げてOS側でそれらを繋げると言う仕組みがほとんどです。
最近では「Audio Unit Extensions」という、iOSアプリのDAWのプラグインとして使うことができるアプリも増えています。

しかし、この辺の技術はまだ発展途上であり、iPad Proのマシンスペック的な問題もあってまだまだぎこちない感じ。
加えて、動作にも不安定感を覚えることもしばしばで、制作中も気が気でないことが多々ありました。

コントローラーの接続に課題あり

iPad Proは外部接続の1系統しかないので、接続できる機材が限られます。

私は基本的にここにはオーディオインターフェースを接続していました。
キーボードやコントローラーは接続端子を使わずともBluetoothで接続できるものがあったので、以下の記事に紹介するようなコントローラーを接続していました。

iPadでの音楽制作に便利なワイヤレス対応MIDIキーボードまとめ

ですがこの接続が何かと面倒で、使うたびにコントローラーの電源を入れた後にiPad Proの設定画面からコントローラーとの接続を有効にしなければなりませんでした。
スイッチを入れれば動き出すMac用のコントローラーと比べると億劫な仕様です。

ファイルの扱いが面倒

iPad Proではファイルの取り扱いに苦労しました。

iPad Pro内ですべて完結するプロジェクトなら何も問題ありません。
ですが、ボーカルトラックだけ別録りみたいなとき、そういったファイルは大抵オンラインストレージ経由で送られてきますが、iPad Proだけではこう言った際に対処できませんでした。

結局Macを経由してiPad Proにデータを取り込んでから作業スタートということになるので、iPad Proにしたことで苦労が増えている状態でした。

どこでも作業できるメリットを享受できなかった

iPad Proならいつでもどこでも製作できるというメリットがあります。
特別、コントローラーなどがなくてもiPad Proならタッチパネルで自在にDAWを操作できるので、iPad Proがあれば何でもこなせます。

確かにそれは正しかったです。
ですが、音楽制作とはすごく時間のかかるものなので、例えば公園のベンチでおもむろにiPad Proを取り出して作業するケースにしても、そこでずっと作業しているとすごく疲れてしまうので、そこだけでは最後まで作業が進みません
自宅やスタジオのように快適に作業できるものではないです。

それはスタバなどのカフェであっても同じ。
カフェだと周りのガヤが気になって集中できないし、ああいった場所は長時間居座るものでもないですから、どうしても作業が中途半端になってしまいます

ぶっちゃけ、手帳にゴリゴリとアイディアやオタマジャクシを書きまくって、それを見て後から自宅環境で編集する方が効率的だということに気づきました。

iPad Proならではの使い方を見つければ活用の道はある

iPad ProはMacの代替ではありません。
どちらかというとMacと共存を目指すというマシンです。
販売元のAppleにしてもそういったコンセプトなのか、頑なにiPad ProへMacOSを搭載しようとしません。

iPad Proはそれ単体で作業を完結させるものではない
これが私のiPad Proに対する結論です。

iPad ProはiPad Proならではのタッチスクリーンを利用したりしたアプリを用いて、楽器を扱うように即興性のある音楽を製作し、それをMacで編集するというのが、互いの強みを生かした音楽制作ができるというものではないでしょうか?

ちなみに、我が家のiPad ProはすっかりバーチャルYouTuberを見るための機械となってしまいましたのじゃー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です