これからDTMを始めてみたい人は必見!こちらでオススメの機材を紹介しています!

DTMの打ち込みに向かない楽器は何?対処法も併せて紹介!

様々な楽器を再現できるDTMですが、時にはその再現に不向きな楽器もあります。
これらはDTMで打ち込みをしても実際の楽器に近づきにくかったり、打ち込みの手間がものすごくかかったりで、できれば打ち込みを避けていきたい楽器です。

そんな打ち込みに向かない楽器たちを紹介していきます。

DTMの打ち込みに向いている楽器はこちらの記事で紹介!

DTMでの打ち込みに向いている楽器は何?オススメ音源を紹介します!

DTMの打ち込みに向かない楽器

ギター

キングオブ打ち込みに向かない楽器、それがギターです。

めんどくさがりの人が絶対にギターの打ち込みに手を出さないでください。
大変すぎてほぼ100%楽曲の作り込みの手を抜いてしまいます。

ギター同時に弦を鳴らすことが多い楽器で、しかもそれは本当に同時に鳴るわけでなくわずかにタイミングがずれます。
これはギターを演奏するときはビックで上から下へ、下から上へ弦をかき鳴らすためです。
それを再現するのはとにかく面倒。
一曲を通してそんな作業をやっていると、頭がおかしくなります。

そういったギター特有の動作をしてくれるギター専用の音源もあります。
Real Guitar」などが有名ですね。

ですが、たとえギター音源だとしてもチョーキングだったりハンマリング/プリングだったりの奏法の再現は大変。
さらに、そんな大変な思いをしても本物のギターには到底及ばないと来たもの。

これではギターを練習して自分で弾いたほうが早いというものです。

ストリングス

先の記事でオーケストラは打ち込みに向いていると書きました。
しかし、バイオリンやビオラ、チェロ、コントラバスなどの、個別のストリングスに関してはそうはいきません。

ストリングスの打ち込みのネックとなるのは特殊奏法の数々。
当たり前のように使われるものだけでも多く、それらを知らないまま単純にノートだけを並べても、全然それらしくなりません。

これはストリングス専用の音源を用いても同じ。
いや、専用の音源はそういった特殊奏法を使いこなすことを前提に作られているので、扱いが極めて難しいです。

また、ビブラートや音の強弱、フレーズの速度などなど、ノートに付加する情報をとにかく詰め込まなければならず、打ち込みの作業量は膨大になるでしょう。

管楽器(ブラス、ウインド)

管楽器にしても、ストリングスと同じことが言えます。
特殊奏法や表情付け、やることを多くきりがありません。

専用音源も楽器ごとにリリースされてはいるものの、どの楽器にしてもそれぞれの特徴をしっかりと理解していないといけないので、打ち込みのハードルは高いと言わざるを得ません。

ただ、管楽器の場合はブレスコントローラーと呼ばれる管楽器を模した打ち込み装置があるので、それを使えばいくばくかは楽になるかもしれませんね。

また、これは打ち込みと直接は関係しないことですが、管楽器は楽譜の音と実際の音が異なる、いわゆる移調楽器であることを覚えておいてください。
これは吹奏楽経験者やオーケストラを編曲したことのないミュージシャンは意外と知らなかったりします。
楽譜を参考に打ち込む時、誰かに自分の楽曲の楽譜を渡す時は、こういった移調楽器のことを頭の片隅においておきましょう。

サンプリング素材の利用も1つの手

今回紹介したギター、ストリングス、管楽器はとにかく打ち込みが大変で、しかもその労力に見合った対価が少ないという厄介なものです。非常につらい。

なので、これらの楽器は打ち込みを諦めてしまうというのも1つの手段です。
その代わりにサンプリング素材を使います。

サンプリング素材はプロの演奏者が演奏したデータを録音してオーディオ素材としたもの。
そのため自分で自由なフレーズを設定することはできませんが、音に関しては打ち込みよりもリアルです。なにせ実際の楽器を録音したデータそのものですからね。

こういったサンプリング素材はそのまま使うもよし。
波形編集やピッチ変更などを加えることによって本来の素材の良さを生かしたまま、ある程度フレーズを組み替えてもよしです。
そうやってサンプリング素材を使ってしまった方が、頑張って打ちこむよりも良い結果を得られる場合が多いのも事実です。

DTMにおいては必ずすべてを自分の力で解決しなければならないというものではありません。
時には素材の力を借りたり、時には他人の力を借りたり、とにかく作品の完成度を高めるためには、様々な物事に頼っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です