これからDTMを始めてみたい人は必見!こちらでオススメの機材を紹介しています!

手っ取り早く音楽制作するならワークステーションシンセサイザーがオススメ

音楽活動をしているミュージシャンなら、いつかは自分のオリジナル曲を作りたいと思うでしょう。
それも五線譜に書き下ろしたり弾き語りといったものではなく、できれば完パケ状態にしたものを臨むはずです。

でも、スタジオを使ってのレコーディングはお金がかかりすぎる。
Mac/PCでのDTMならスタジオを使うよりも安く手軽にできるだろうけど、コンピューター知識が必要。
両者とも音楽制作以外の部分で課題が発生してしまいます。

そんな悩めるミュージシャンにオススメなのがワークステーションシンセサイザーでの音楽制作です。

ワークステーションシンセサイザーとは

シンセサイザーは発音方式や備わっている機能によって様々な種類に分類されます。
このうち、ワークステーションシンセサイザーとは以下の様な機能を備えたシンセサイザーです。

 

  • 多種の音色、エフェクトを搭載
  • 同時発音数が多い
  • 一度の打鍵で幾つもの音色を重ねて発音する「レイヤー機能」を搭載
  • 鍵盤の発音領域を指定する「スプリット機能」を搭載
  • 演奏の記録や自動演奏を可能にする「シーケンサー」を搭載
  • Mac/PCと連携可能

つまりワークステーションシンセサイザーはこれ1台だけで一通りの音楽制作が可能な、万能シンセサイザーなのです。

そして、コイツで作った曲をそのまま発表することはもちろん、さらに楽器演奏やボーカルを多重録音してもいいでしょう。

ワークステーションシンセサイザーをオススメする理由

1台で大抵のジャンルの曲が作れる

ワークステーションシンセサイザーは鳴らせる音色の種類が豊富です。

オーケストラからバンドなどの軽音楽、シンセバリバリのEDM、さらには民族音楽まで様々な音楽を奏でる音が鳴らせます。
そしてそれらの音がすぐに使えるように予め音色が設定された状態のプリセットがあるので、シンセサイザーの画面上で選ぶだけですぐに音色を呼び出せます。

これがワークステーションシンセサイザーでない、例えばアナログシンセサイザーだとプリセットに適当な音がない場合が多く、一から音色を作る羽目になります。

短時間で音楽制作できるようになる

ワークステーションシンセサイザーは音楽制作まで到達する時間が短いです。

Mac/PC上でDAWを使って音楽制作するDTMだと、実際に音楽を制作できるようになるまでに時間がかかります。
なぜなら、制作する前に以下のことを経ねばならないからです。

  • DAWが満足に動作するMac/PCを用意
  • DAWをMac/PCにインストール
  • 周辺機器をセッティング
  • DAWの使い方を覚える

コンピューターの扱いに慣れていたとしても、これらの作業は一手間です。
ましてや、コンピューターなんて日ごろ使わないなんて言うミュージシャンなら、詳しい人のサポート無しにこれらを完遂するのは困難です。

その点、ワークステーションシンセサイザーはセッティングの手間は設置して電源を入れるだけ。
操作もマニュアルを読めばなんとかなるぐらいにシンプルなので、音楽制作をスタートするまでに時間はそれほどかからないでしょう。

Mac/PCへの移行もスムーズ

ワークステーションシンセサイザーでの音楽制作にも慣れてきて、更に凝った音楽を作りたいと思ってくるかもしれません。
そうなったらMac/PC上で動作するDAWに移行する頃合いです。

そうなってもワークステーションシンセサイザーがお払い箱になることはありません。
むしろ、以下の様にDAWへの移行の際の投資を少なくするメリットが有ります。

もしDAWへ移行するなら、DAWは見た目で選んじゃってもOKです。
なんとなくピンときたDAWを選んじゃってください。

DAWは見た目で選べッ!

ワークステーションシンセサイザーの音色を利用できる

DAWから今まで使ってきたワークステーションシンセサイザーの音色を利用することもできます。
DAW自体にも一応ソフトウェアシンセサイザーがバンドルされているのですが、慣れている音を使ったほうが制作はスムーズでしょう。

また、ワークステーションシンセサイザーの音色を利用することで、Mac/PCのリソースを節約できるので、スペックに自身のないMac/PCでもハンデを克服できます。

ワークステーションシンセサイザーがオーディオインターフェースになる

DAWでのDTMには音響機器や楽器とMac/PCを接続するオーディオインターフェイスが必要になりますが、ワークステーションシンセサイザーがあればオーディオインターフェイスを別途購入する必要はありません。

ワークステーションシンセサイザーがDAWのコントローラーになる

ワークステーションシンセサイザーには本体操作のための鍵盤、ノブ、スライダーなどが備わっていますが、これらはDAWの操作にも使えます。

現行のワークステーションシンセサイザー

現行のワークステーションシンセサイザーの中で、これからワークステーションシンセサイザーを買ってみようと思う方にオススメなのは以下のとおりです。

価格帯はどれも10万円前後。
このクラスだと機能的にも充実している他、シンセサイザーとしての音質もフラグシップモデルに迫るものがあります。

また、すでに生産完了している旧機種を中古で選ぶのは金銭的にはメリットがあるものの、現在のMac/PCのOSに対応していなかったり、今後のメーカーサポートが期待できずメンテナンスは自分でどうにかするしかないというデメリットが有るため、今回はそういう中古機種はおすすめしません。

ROLAND FA-06/FA-08

FAシリーズはROLANDが誇る「SuperNATURAL」サウンドを搭載したワークステーションシンセサイザーです。
アコースティック楽器の音からビンテージシンセサイザーの音まで幅広い音色が備わっています。

FAシリーズは61/88鍵盤の2モデルの展開です。
61鍵盤モデルはシンセ鍵盤、88鍵盤モデルはピアノタッチ鍵盤です。

YAMAHA MOXF

MOXFは上位機種である「YAMAHA MOTIF XF」の音色や機能をそのまま受け継いだワークステーションシンセサイザーです。
ただ、操作画面がモノクロかつ小さめなのは他のワークステーションシンセサイザーよりも見劣りするかもしれません。

また、Steinberg社のDAW「Cubase」の簡易版である「Cubase AI」が付属しています。
Mac/PCへの移行は他機種よりもスムーズかもしれません。

MOXFは61/88鍵盤の2モデルの展開です。
61鍵盤モデルはシンセ鍵盤、88鍵盤モデルはピアノタッチ鍵盤です。

KORG KROME

KROMEの特徴は3.8GBにも及ぶ大容量音源でしょう。
それだけでなく機能も充実していますし、なにより視認性に優れる大型LCDが搭載されています。
スペックだけを見るとKROMEが今回紹介するワークステーションシンセサイザーの中で最強でしょうか。その分、操作を覚えるのに手間かもしれません。

61/73/88鍵盤の3モデルの展開です。
61/73鍵盤モデルはシンセ鍵盤、88鍵盤モデルはピアノタッチ鍵盤です。