macOS刷新&Apple Silicon発表!MacでのDTMはどうなる!?

Appleが開発者向けに開催している「WWDC 2020」にて、Macの次世代OS「macOS Big Sur」と、Mac用の独自開発チップ「Apple Silicon」が発表されました。


これらはMacでDTMをしているミュージシャンにとっても、大きなインパクトを与える発表です。

様々なソフトウェアやプラグインに不具合が出るかも

OSのバージョンアップによってDAWやプラグインなどのソフトウェアには少なからず影響が出ます。
先のCatalinaアップデートでもDTM関係のソフトウェアメーカーが不具合対策に追われていたのは記憶に新しい事件です。

macOS Catalinaへのアップデートは控えるべき?アップデートしてもOK?

Big SurへのアップデートでもCatalinaと同様のことが、場合によってはそれ以上のトラブルが予想されます。

ハードウェアにも不都合が生じる恐れ

Macで動作するソフトウェアはもちろん、オーディオインターフェース等のMacと接続するハードウェアにも影響は及ぶでしょう。

Macとハードウェアを連携する際、Macにドライバーをインストールする必要がありますが、このドライバーがOSのバージョンアップにより利用できなくなる可能性があります。
特に生産完了しているハードウェアはサポートが期待できません。

Catalinaのバージョンアップの時にはなんとか使えていた物も、今度こそは息の根を止められるかもしれません。

むしろ、将来的にはハードウェアをMacと有線で接続させてもらえるのかと言う不安すらあります。
USB等の有線用のポートがなくなればハードウェアは全滅です。

Appleの動向次第では・・・

今回の新OSと新チップの登場によりMacはさらに発展していくのでしょうが、何かと古いソフトウェアやハードウェアを多用するミュージシャンにとっては追従するのが辛いところでもあります。
一応「Apple Rosetta」という後方互換用の仕組みは用意するみたいですが、安定した動作への一抹の不安もよぎります。

そうは言ってもまだ新OSも新チップを搭載したMacもお目見えしていないので、現時点で最終的な答えを出す事はできませんが、今後の発表や製品の動向次第ではMacに代わる新しい制作環境を考える必要があるのかもしれませんね。

2020年6月23日:公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です