今はモジュラーシンセを始めるのに時期が悪すぎた

勢いで始めてしまったモジュラーシンセサイザー。

「Mutable Instruments Plaits」をファーストモジュールに選んだ理由

ですが、今は始めるのに時期が悪すぎたと思っています。

一番はモジュラーシンセの現物を見る機会がないこと。

モジュラーシンセを演奏するライブはもちろん、お店で現物をチェックするにしても、モジュールを販売している専門店に赴かないといけないわけですが、そんな環境は大都市にしかありません。
そういう場所には県を跨いでの移動になるので、実際に見に行けるのはもうちょっと先の話になるでしょう。

だからと言って通販でモジュールを入手するにしても、モジュールの売り切れが目立つので、お目当て物もをうまく入手できません。

元々需要が少ない製品ではありますし、さらには供給元のメーカーも結構バタバタしているみたいで、ここしばらくはモジュールの入手が難しい時期が続くのでしょう。

Thonkは新型コロナウイルスの影響で出荷制限中・・・Thonkは新型コロナウイルスの影響で出荷制限中・・・

まあ、衝動的な買い物をせずに済んだと考え、落ち着いて理想のシステムを構築する時間ができたとしましょう。

幸いにも妄想を手助けするサービスもありますし。

モジュラーシンセサイザーへの妄想を助ける「ModularGrid」モジュラーシンセサイザーへの妄想を助ける「ModularGrid」

2020年5月29日:公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です