モジュラーシンセサイザーについての自己解決Q&A集

順調にモジュラーシンセサイザーへの沼に近づいている毎日ですが、あまり情報が出回らない分野なためか色々とわからないことが多いです。

その中でもなんとか自己解決できた問題をQ&A形式でまとめてみました。

自己解決Q&A集

モジュラーシンセに必要なものは?

ユーロラック規格に対応したケース、電源、各モジュールです。

このうちケースと電源はセットになっていることが多いです。
電源なしのケースの場合、電源モジュールを別途調達する必要があります。

また、シンセサイザーとして最低限機能させるためにはVCO、VCF、VCAのモジュールが1つずつあればとりあえずOK。
そこからモジュレーションやエフェクトのモジュールを追加して機能拡張を図るといいでしょう。

モジュールはなぜ高い?

モジュールが高くなる要因はいくつかあります。

  • 機能ごとに製品が分かれているため
  • アナログ回路で構成されているため
  • 需要が少ないため
  • ガレージメーカーが細々と製造販売しているため

安く仕上げるなら部品を取り寄せてDIYする手段もありますが、はんだづけのスキルや電気電子回路の知識が必要です。

モジュラーシンセでMIDIを使うには?

MIDI-CVコンバーターモジュールを使います。

モジュラーシンセの各モジュールはMIDIではなくCV(Control Voltage)によって制御されます。
そのため、モジュラーシンセでMIDIを扱いたい場合にはコンバーターで変換する必要があります。

MIDI-CVコンバーターモジュールにも様々あるので、欲しい機能やラックのスペースと相談しながら選ぶことになります。

オーディオインターフェースやミキサーに入力するには?

出力をそのままオーディオインターフェースやミキサーに入力すればOKのようです。

参考 モジュラーシンセ セミナー レポート! | 宮地楽器 Wurly's | 宮地楽器 神田店http://wurlys.miyaji.co.jp

ただし、モジュラーシンセは音量がとても大きいので、アッテネーター搭載のVCAやミキサー等で音量調節できるようにしておくとオーディオインターフェースやミキサーを壊すリクスが抑えられます。

ラックでのモジュールの並びを確認するには?

「ModularGrid」を使うとラックにモジュールを並べたときの確認ができます。

参考 Plan your modular synthesizer rack on ModularGridhttps://www.modulargrid.net

また、配置するモジュールの大きさ、電源容量、深さ、価格なども合わせて調べられるので、買い物での失敗を防げるでしょう。

モジュラーシンセサイザーへの妄想を助ける「ModularGrid」モジュラーシンセサイザーへの妄想を助ける「ModularGrid」

2020年5月21日:公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です