Macのスペック不足を感じ始めている

買った当初は十分なスペックかと思っていたMacBook Proも、さすがに4年選手にもなってくると所々でスペック不足を感じる場面があります。

今のMacのスペックはこんな感じ。

  • CPU:Intel Core i7 2.9GHz
  • RAM:16GB
  • GPU:Radeon Pro 455 2GB
  • ストレージ:1TB SSD

買った当初は盛りに盛ってたつもりでしたが、やはり時の流れとともに不足を感じることが出てきました。
特にRAMは16GBだと少ないと感じ出しています。

それでもフリーズやバウンスなどを駆使するとまだまだ使える感じではあるものの、考えなしに音源やらエフェクトやらを立ち上げまくると、プチフリーズが起こるようになってきました。

DAWもそうですけど、ほとんどのアプリはバージョンアップするたびに動作が重くなります。「動作が軽くなりました」と謳うバージョンアップでも、たいてい重くなるケースばかりです。
また、OS自体もなんだかんだでMacのリソースをガンガン使うようになります。

騙し騙し使っていけば1〜2年は余裕で使えるでしょうが、そういうことにストレスを抱え始める前にMacの更新を考えるのがよさそうです。

次はiMacなどのデスクトップを考えようかな?
2020年モデルの動向次第ですが。

2020年4月27日:公開
2020年5月12日:更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です