iPad Pro、MacBook Air、Mac miniのアップデートの所感

iPad Pro、MacBook Air、Mac miniの新製品が発表された様です。
ただウチはMac系、ガジェット系ブログではないですし、Apple製品に関してもそこまで熱狂的に詳しいわけでもないので、簡単に所感だけ述べていきます。

iPad Pro

iPad ProはよりMacらしくなったと同時に、iPhoneのようなカメラを手に入れたことで、より様々なタスクをいつでもどこでもこなせるようになりました。
iPad Proが目指していたコンセプトに一層近づいたのではないでしょか?

参考 iPad Pro - Apple(日本)https://www.apple.com

ただ、音楽制作的にはMac用のDAWやプラグインが使えないので、ハイクオリティーな完パケを目指すのは厳しそうです。
ですが、外で作曲やレコーディングをするなどのフットワーク軽めなスタイルのミュージシャンであれば、iPad Proは良い相棒となってくれるでしょう。

MacBook Air

MacBook Airは大幅性能アップです。
CPUやGPUなどのアップグレードはもちろん、キーボードが16インチMacBook Proと同等の構造になっていたり、全機種Retinaディスプレイ対応のため、お買い得感がmasimasiです。

参考 MacBook Air - Apple(日本)https://www.apple.com

死ぬほど重い音源やエフェクトを使わないレコーディング主体のミュージシャンであれば、このMacBook Airでもガンガン音楽制作できるのではいでしょうか?

Mac mini

Mac miniも地味にアップデートしています。
従来モデルからストレージ容量が2倍になり、さらに値下げもされています。

参考 Mac mini - Apple(日本)https://www.apple.com

ただし、CPUはこれまでと同じようです。
こちらもMacBook Airのようにアップグレードしてくれればよかったのにと思います。

2020年3月19日:公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です