HHKB Hybrid Type-Sを2ヶ月使ってみた感想など

昨年年末に発表されたとほぼ同時期に購入してしまったHHKB Hybrid Type-S。
しかもUS配列無刻印バージョンを選ぶという無謀なことをやらかしてしまいましたが、その後の経過をお伝えします。

HHKB Hybrid Type-Sを購入しました!

結論から言ってしまうとめちゃくちゃ感触が良くて、バッチリ使えています。

無刻印でも慣れる

さすがに無刻印のキーボードなんてこれまで使ったことなかったので、使いはじめは戸惑いました。
それでも2週間ほどで無刻印キーボードにも慣れてきました。
人間の慣れる能力ってすごいですね。

キーボードに頼るべき刻印がないと脳みそが必死になるのでしょうか。
これまでほとんど頭に入ってなかったキー配置をしっかりと覚えられました。
また、キーボードを見ずともブラインドタッチで入力できるようにもなってきました。

US配列って意外に便利

無刻印バーションには日本語配列がないのでUS配列のキーボードを選ばざるを得ませんでしたが、そっちもなんとかなりました。
というよりもUS配列って意外に便利だと思ったぐらいです。

日本語入力の際にその便利さはあまり感じませんが、このブログのデザインだったりを変更する際のコードを編集する際、これまでのキーボードよりも扱いやすさを感じたのです。
文字以外にもプログラミングで使う記号のうち、出現頻度の高いものが打ちやすい場所に集まっているからでしょう。

Controlキーを多用するようになった

HHKBを使うようになってからControlキーを頻繁に使うようになりました。

US配列のHHKBの場合、日本語/英語切替は「Control+スペース」で行います。
これが「英数」と「かな」のキーが分かれていた従来よりも気軽にモード切り替えできる気がします。

また、Controlキーとの同時押しコマンドもついでに覚えました。
「Control+A」のカーソル行頭移動、「Control+E」のカーソル行末移動、「Control+K」のカーソル以降を行末まで削除コマンドなどが出番多いです。

カーソルキーが恋しくなる

US配列キーボードにはカーソルキーが無く、Fnキーと組み合わせて押す必要がありますが、これだけはどうしても慣れないです。
カーソルキーはDAWの操作で結構使う頻度が高いので、やはり独立してた方が良かったと思うことがしばしばです。

こればかりはUS配列のHHKBを選んでしまった以上どうしようにもないので、代替策として「Fn+WASD」キーにもカーソルキーの機能を持たせるように設定しました。
これ結構オススメです。

まとめ

我が家のHHKBは購入後1月でヤフオクやメルカリに放流されることもなく、元気に動いています。
その場のノリと勢いで買ってしまった反面、いざ使う前は少々不安なこともありましたが、意外に適応できちゃうものですね。

そんなわけで、HHKBに憧れるけど使ってみるのは怖いなと思っている方も、使っていればそのうちなんとかなるってことだけお知らせしておきます。

HHKB Professional HYBRID Type-S 無刻印/墨(英語配列)

2020年2月22日:公開
2020年2月27日:更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です