年の初めを機に日記を始めてみよう

今回は年明けにちなんだ話題ということで、日記について。

私は今年から日記帳に日記をつけることにしました。
デジタル全盛期の今、こうしてブログを書いているにもかかわらずです。

と言うのもブログに書くほどでもない、誰かに触れ回るほどでもないような、日常の小さな気づきを書き留めるツールが欲しかったからです。

みなさんも2020年と何かとキリがいい年ですので、これを機に日記を習慣にしてみませんか?

ブログって何かと気張ってしまう

私はこうやってブログを書いている身ですが、それでも日記帳に日記をつけることをおすすめします。

わざわざ紙の日記帳に日記をつけづとも、ブログで日記を書くことももちろんできます。
ですが、ブログだとできることがかなり多いので、何かと気を配ってしまいます。
ワードプレスでのブログはもちろん、他のブログサービスでもそうです。

それに文字数、アクセス数、SEO対策、ブログデザインなどなど、日記に直接関係しない部分も気になってきます。
気にするなと言われればそれまででしょうが、なにせ性分なのでそうもいきません。

その点、日記帳ならデザインはあらかじめ決まっていますし、紙面の都合上で書ける文字数も限られています。
デザインは豊富にありますので、自分に合った日記帳を選んでみると良いでしょう。
日記をつけるのが初めてなら、毎日のスペースが小さいものをおすすめします。

私は下のリンクの日記帳を選びました。
毎日書くならこの日記帳ぐらいのスペースがちょうど良いと思ったからです。

ネットは何かと炎上する

ブログなどを使わなくてもTwitterなどのSNSを日記がわりに活用すればいいんじゃないかと考えますが、それもちょっと考えものだったりします。

何せネットは何かと炎上します。
周りも炎上のネタを求めているので、本人の意思はどうであれあっという間に燃え広がり、時には取り返しのつかなくなることになるかもしれません。

その分日記帳なら自分1人、よしんば誰かに見られたとしても不特定多数の人に見られるわけではないので、炎上のリスクは少ないでしょう。
本当に1人だけの日記帳にしたいなら鍵付きのものもあったりします。
それはそれでオシャレ感ありますので、そういったものを検討してみると良いでしょう。

ペンにも拘ってみると挫折率は下がる?

せっかく日記帳をつけるのでしたら、ペンにもこだわりを見せるといいかもしれません。

ペンにも鉛筆やボールペンなどの一般的なものから、万年筆やはねペンなどの趣味性の高いものまで様々。
値段も100円から数万円するような高級品まで幅記録揃っています。

特に高級感があるペンで日記をつけていれば、ペンを持ちたい欲望やもったいないおばけさんが日記帳をつけることを後押ししてくれるかもしれません。

私のオススメは万年筆。
万年筆と聞いてイメージするのは黒と金のいかにもってやつでしょうが、最近ではカジュアルな見た目の万年筆もあったりします。

その中でもパイロットの「カクノ」のはリーズナブルかつ使いやすい万年筆です。
インクカートリッジを差し込めば、その瞬間からスラスラと文字を書けるようになります。
コンバーターと言う器具を使えば、他のペンと違って自分の好きな色のインクを使えるので、より万年筆を楽しむことができるでしょう。

新年に向けて文具店で日記帳やペンを一式揃えて、日記を毎日の習慣にしてみませんか?

2020年1月1日:公開
2020年5月12日:更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です