YouTubeにMVの広告出しても、な〜んの意味もないよね?

YouTubeで動画を見ていると度々見ることになる広告動画。
そんな広告の中にミュージシャンがMVを流しているってのを見かけることがあります。

せっかく気合い入れて制作したMVなので、お金を出して広告をしてでもみんなに見てもらいたいって気持ちはわかるんですけど、あれって何の意味もないですよ。
むしろヘイトを買ってしまって、かえって逆効果すらあります。

広告は容赦無くスキップされるもの

YouTubeの利用者というのはかわいい動物や赤ちゃん、おもしろハプニングの映像を見るためにYouTubeを利用するものです。
決して延々と広告動画を見るためではありません。

ですので、広告動画はスキップが可能になる再生開始から5秒後には無慈悲にスキップされます
スキップされない広告は、スキップされる前に終わる5秒程度の短時間の動画だけです。

こういった視聴者の傾向をわかってか、YouTubeに広告を出しているところは開始5秒以内にメッセージを詰め込みに詰め込めています。

多くのミュージシャンは「無」を広告している

このようにユーザーは広告動画をスキップします。
ですので、冒頭5秒が勝負どころです。

しかし、多くのMV広告動画においての冒頭5秒には何もありません。
多くのミュージシャンは安くない広告出稿料をYouTubeに支払って「無」を広告しているのです。

それはなぜかは適当なMVを見てみれば分かります。
MVの冒頭5秒というとイントロすらまともに始まってないでしょう。
曲のタイトルやアーティスト名がAfter Effectによる映像効果でカッコよく表示されている辺りというのが、多くのMVの冒頭
5秒ではないでしょうか。
ドヤ顔でかき鳴らしたギターのフィードバックから始まるイントロなんてのは、視聴者の耳に入ることなくスキップされています。

つまりMVを広告したとしても、視聴者に何も届いてません。
どこかの誰かに「無」を届けるためにYouTubeへ貢ぐなんて、なんともアホらしいことです。

広告に適したフォーマットを見極めよう!

同じ徒競走でも短距離走と長距離走ではそれぞれ選手が違うように、広告動画にはそれに適した動画のカタチがあります。
少なくともMVは広告動画には向いてません。
MVはMV、広告動画は広告動画で、それぞれ分ける必要があります。

テレビでもミュージシャンのアルバムのCMだったり、MV風のCMだったりではどういった音楽の利かせ方をしているでしょうか。
言うまでもなくサビの部分に焦点を当てて、曲のオイシイところをアピールしているはずです。
曲の冒頭15秒を垂れ流すだけのようなCMはありません。

YouTubeに広告動画を出稿するなら、MVそのものでなくMVや販売コンテンツの導線となるようなものを、短時間の動画に詰め込むべきですね。
例えばMVの一番オイシイところを切り出した動画を元に、広告動画を作る感じです。
それならば、視聴者は曲の一番オイシイところを聞いた上で是非を判断できます。

極論、音楽なんて使わずに「俺の歌を聞けー!」のようなメッセージをシャウトして、それにドデカイ飾り字幕をつけるのでもいいんじゃないでしょうか。
そっちの方が伝えたいメッセージはハッキリしています。

私も結構YouTubeを利用する人間でして、MVを丸々広告動画にしているがために「無」を広告している動画を何度もスキップしているので、こういう悲しい広告動画が少なくなってくれればと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です