バスコンプを使いこなして楽曲のクオリティアップを!

音楽制作に慣れてきた頃、さらなる調達のためにと勉強したり調べたりしていると、必ずといって見聞きする「バスコンプレッサー(以下、バスコンプ)」
バスコンプは楽曲のクオリティーアップに効果的で、プロアマ問わず今では広く使われている機材やテクニックではありますが、いかんせん初めてバスコンプというものを見知った人にはピンとこないものです。

バスコンプとは何者か?
普通のコンプレッサーとの違いは?
そんなバスコンプについてをまとめてみました。

バスコンプはトラックをまとめるコンプレッサー

バスコンプとはその名の通りバス(Bus:母線、電気用語におけるさまざまな信号を受けるし回路のこと)に用いられるコンプレッサーのことです。
ドラム、コーラス、アンサンブルなど複数の楽器をひとつの集合とみなしとき、それらのトラックをひとまとめにするためにバスを用いるのですが、バスコンプはこのバスにまとめたトラック全体にコンプレッサーをかけるのです。

パスコンプを使うと、バスにまとめただけではバラバラなトラックに一体感を持たせることができます。
このため、バスコンプはバラバラのトラックを糊でくっつけると言う意味をこめて「グルーコンプレッサー」とも呼ばれます。

以下に比較用として、同じドラムフレーズにそれぞれバスコンプをかけたものとかけていないものを用意しました。
バスコンプをかけたものには、ほどほどにかけたものとガッツリかけたものの2パターンを用意しています。
どのパターンが正解かは目指している完成形によってまちまちなので一概にはいえませんので、あくまでこんな感じになるのかという参考です。

バスコンプなし
バスコンプ(弱)
バスコンプ(強)

代表的なバスコンプ

バスコンプは前述の通りバスに用いられるコンプレッサーなので、言ってしまえばどんなコンプもバスに用いればパスコンプです。
ですが、実際にバスコンプと呼ばれるコンプは以下に紹介する通り、アナログ機器やそれらをモデリングしたソフトウェアが用いられることが多いです。
これはレコーディングスタジオにあるミキシングコンソールにて用いられたテクニックであることに由来しているものだと思われます。

SSL Bus compressor

参考 AWS δeltaSolid State Logic

多くの人がイメージするスタジオのミキシングコンソールといったらSSL(Solid State Logic)のものでしょう。
日本でも有名なスタジオであれば必ずと言っていいほどSSLのコンソールがあります。

そんなSSLのコンソールのマスタートラックに備わっているコンプレッサーがBus compressorと呼ばれているものです。

実機は個人でそう易々と買えるものではありませんが、幸いなことにDAWで使えるプラグインソフトウェアとして出回っていますので、導入の際はそちらおをオススメします。

Waves SSL 4000 Collection
created by Rinker

API 2500 Stereo Compressor

参考 2500 Stereo CompressorAPI

APIもまたSSLに負けず劣らず有名なコンソールのメーカーです。
アメリカのメーカーということもあり、アメリカのスタジオには殆どAPIが備わっているんじゃないでしょうか。

そんなAPIのコンソールからコンプレッサーを抜き出してきたものが2500 Stereo Compressorです。
これだけだったら個人でもギリギリ買える・・・かもしれない。

もちろん、コイツもプラグイン化されています。よほどの思い入れがなければプラグインを導入するのが懸命です。

Neve 33609 Stereo Compressor

参考 33609AMS Neve

伝説の銘器と謳われたNeve 2254を基に、ステレオ仕様にしてラックモジールに収めたコンプレッサーが33609 Stereo Compressorです。
現在も継続して販売されており、当時の仕様を忠実に受け継いだ現代のビンテージ機器です。

こちらもプラグインとしてDAW上で再現できます。
IK Multimedia T-RackSシリーズのうち、「Precision Comp / Limiter」という製品が33609をモデリングしたプラグインです。

created by Rinker
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)

また、33609の基となった2254もプラグインとしてあります。
Waves Goldに含まれる「V-Comp」というプラグインがそうです。
Neve製品を基にしたプラグインは名前が直接わかるものではないのでややこしいですね。

まとめ

今回は聞いたことがあるけどよく分からないとなりがちなバスコンプを解説しましたが、いかがでしたでしょうか?
種をバラしてしまえばそれほど難しいテクニックではないですし、だからこそハイクオリティーなトラックを作るミュージシャンは皆当たり前のように使っているテクニックです。
本記事を読み、バスコンプを理解した方々であれば、今後使わない手はありません。

それにしても、DTMってDAWの操作を覚えるだけでなく、それらを駆使して複雑なことをしなきゃいけないので大変ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です