Mac/PCメインの音楽制作におけるiPad Proの利用法

本ブログでは以前の記事でiPad Proをメインマシンとした音楽制作が難しいということを取り上げた記事を書きました。
これは私がiPad Proでの音楽制作に失敗した記録でもあります。

iPad Proを音楽制作のメインマシンに据えるのは難しい

ですがiPadはメインマシンになれなかったとはいえ、押し入れに眠っているわけではありません。
今でもバッチリしっかり制作シーンで使っています。
むしろ、iPad Proをサブマシンとして利用してからというもの、ますますiPad Proが活躍しているのではないかと感じてすらいます。

私的iPad Pro利用シーン

私は現在、Mac上でAbleton LiveとApple Logic Proの2つのDAWを利用して音楽制作しています。
そして、その上でiPad Proを以下のように使っています。

DAWのコントローラーとして使う

iPad ProはMac/PCのDAWと連携するコントローラーとして扱えます。

iPad Proをコントローラーにするには専用のアプリを利用します。
LiveならTouchAble、Logic ProならLogic Remoteというアプリがあります。

touchAble Pro

touchAble Pro (3,600円)
(2018.11.13時点)
posted with ポチレバ
今更だけどLogic Remoteが便利すぎる!

Logic Remote

Logic Remote (無料)
(2018.11.13時点)
posted with ポチレバ

Mac/PCとiPad Proを連携するにはMac/PC側でDAWを、iPad Pro側でコントローラーアプリを起動し、MacとiPadをUSBケーブルやWi-Fiで接続すればiPad ProからDAWコントロールできるようになります。

コントローラアプリはハードウェアコントローラーと違い、各コントロールをキーボードやシーケンサー、ミキサーなどの画面モードに適したレイアウトにになるのがメリットですね。

画期的な楽器的に扱う

iPad Pro対応の楽器アプリには実際の楽器やソフトウェア音源にはない魅力を持ったものや、DAWで実現するよりも効率的な作業ができるアプリがあります。
そういった部分はiPad Proに任せてしまったほうがいいです。
私もNovationのBlocs WaveとGrooveboxを利用して制作することもしばしばです。

Blocs Waveは簡単操作で誰でも本格的に作曲できるアプリでした

Blocs Wave

Blocs Wave (無料)
(2018.11.13時点)
posted with ポチレバ
「Novation Groovebox for iOS」でお手軽&本格的な音楽制作をしよう

Groovebox

Groovebox (無料)
(2018.11.13時点)
posted with ポチレバ

サブのDAWマシンとして利用する

iPad ProでもDAWアプリが利用できますが、その性能はMac/PCのそれとは見劣りするところがあります。
ですが、DAWとしては必要十分の性能であることには変わりありません。
iOS版のGarageBandにしても、Mac用のものに迫るスペックを秘めていますし、リアルタイムパフォーマンスなどの一部機能はむしろ優れてさえいます。

GarageBand

GarageBand (無料)
(2018.11.13時点)
posted with ポチレバ

そこでiPad Proの持ち運びやすさを生かしてレコーディングブースや野外などの作業場以外のシーンで使うDAWとして使っていけます。
そういったことはノート型のMac/PCでもできそうなところですが、そういった機材は可動部品が多いために壊れやすかったり、電源につないでいないと十分な性能が発揮されないこともあるので、実のところポータビリティーはiPad Proの方が上だったりします。

ですが、iPad Proには使えるオーディオインターフェースがないからレコーディングができないと思うかもしれませんが、実はiPad Proでも利用できるオーディオインターフェイスはあるんです。
iOS機器に対応していることが明示されているオーディオインターフェースや、USBクラス・コンプライアント対応のオーディオインターフェイスがあれば、iPad Proでもオーディオインターフェースを用いた高音質なレコーディングが可能です。

APOGEE アポジー / APOGEE ONE for iPad & Mac

created by Rinker

サブディスプレイとして利用する

夢と希望とディスプレイはいくつもあったり大きいほうが絶対にいいですが、仕事場のスペースの都合だったり、予算の関係でディスプレイを大きくしたり増やしたりするのは難しいこともあります。
ここでiPad Proがあれば、アプリを利用することでサブディスプレイに変身します。

Duet Display

Duet Display (1,200円)
(2018.11.13時点)
posted with ポチレバ

iPad Proをサブディスプレイとした時の画面サイズはちゃんとしたディスプレイと比べると少々難ありなところもありますが、いくつもプラグインを立ち上げたりミックス作業をする時など、ちょっとディスプレイ領域を広げたくなったときには役立ちます。

まとめ

こうしてまとめてみると、音楽制作にiPad Proを利用するのは難しいと言っておきながらも結構便利に使っているということがわかります。
ただ、どれにしても絶対なくてはならないというものでなかったり、代替案があったりするなど、決してiPad Proでなければならないということもないというのも事実です。

自分にとってiPad Proは必要か不要か、本記事がそんな悩みの解決する手助けや判断材料になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です