日本語歌詞に押韻があまり用いられていない理由

英語の歌詞と比べると、日本語歌詞には押韻あまり用いられていません。
洋楽と邦楽を聴き比べたり、歌詞を見比べてみたりすると、多くの人がその事実に気づくことでしょう。

他の言語では当たり前のように用いられている押韻という表現が、なぜ日本語歌詞ではあまり用いられないのでしょうか。
それには日本語は音楽的に呪われているのではないかと思いたくなる理由があったのです。

英語と日本語、それぞれの言語が持つ音声リズム

押韻によって言葉にリズムが生まれる

押韻とは次のようなことを指します。

引用
詩歌において類似の音をもつ音節が互いに響き合う関係にあることをいい,英詩を例にとれば,boy-joy,land-standのように,2つ (以上) の語の強勢のある母音とそれに続く子音とが同一であり,かつ母音に先行する子音が異なっているものをさす。
参考 押韻コトバンク

こうした音韻が含まれた文章や歌詞には言語的なリズムが生まれます。
文章や歌詞にリズムがあると、言葉の耳障りが良くなって印象に残りやすくなります。

例えば「墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいのほう)」というワード。
文字に書き起こすと難しそうなイメージの反面、声に出してみると耳障りが良くて頭にすっと入ってくるような感覚があります。
これは「墾田(こんでん)」「永年(えいねん)」の部分が子韻の関係になっているため、言葉にリズムが生まれているからです。

押韻には文章や歌詞をより印象的にするパワーがあるのですね。

英語圏には押韻の文化がある

押韻を用いた言葉は聞いた人の頭に残りやすくなる、そんな特徴を知ってか知らずか、海外では古くより押韻を有効的に活用して教育を行っています。
それが「ナーサリーライム(Nursery Rhymes)」と呼ばれる歌です。
日本語的に言うならば「わらべ歌」ですが、「Rhymes」なんて言っている以上、ナーサリーライムにはふんだんに押韻が含まれています。

そんなナーサリーライムの中でも有名な「ハンプティー・ダンプティー」を眺めてみましょう。

Humpty Dumpty
Humpty Dumpty sat on a wall,
Humpty Dumpty had a great fall.
All the king’s horses and all the king’s men
Couldn’t put Humpty together again.

単に眺めていてもどの部分が押韻になっているかがわかりにくいので、押韻になっている部分を色分けしています。
その他に「Humpty Dumpty」や「All the king’s」を繰り返しているのもまた押韻の一つです。

このように、海外では子供の頃から押韻によって言葉を覚え、押韻という表現が当然のようにあるものと叩き込まれている、まさに押韻の英才教育を受けているというわけです。

一方の日本語は押韻を捨てた!?

海外では押韻は一般的に使われている一方、日本語の文章や歌詞ではあまり有効的に用いられていない押韻。
というより、押韻なんて生まれてこの方学んだことなんてないと思う人がほとんどではないかと思います。

ですが、押韻については国語の古典の授業で誰もが一度は学んではいるのです。
ただ、この押韻は技法の1つとしての紹介にとどまり、サラッと流されてしまっています。
そして、押韻よりも掛詞や枕詞などを重視して学んでいたはずです。

これは押韻は国語のテストで問題として出題するには向かないという事情もあるかもしれませんが、それ以前に昔から日本人は日本語に押韻の魅力を見出さなかったからでしょう。
中国から言葉が伝来され、それが大和言葉に移り変わっていくに連れて押韻の文化は薄れてしまったのです。

日本語歌詞の可能性を追求したJヒップホップシーンとその結末

しかし、日本語の中の押韻は完全に消えてはいませんでした。
1990年代頃から世間の注目を集めだしたJヒップホップ。
そのシーンでは日本語の可能性を最大限に発揮せんと、巧みなリズムやライムを織り交ぜたリリックが生み出されました。

ですが、そうやって日本語を巧みに操った結果、出来上がった歌詞は日本語的な表現から遠ざかってしまい、大衆から受け入れられ難いものとなってしまいました。
日本語を一番うまく扱ったJヒップホップのシーンが、日本語歌詞には押韻は合わないという証左になってしまったのは何たる皮肉でしょうか。

日本語は押韻との相性が悪い

このように日本語は押韻と非常に相性が悪く、文章や歌詞に押韻が使いにくいものとなっています。
そして、押韻が生み出すリズムのパワーによる恩恵が受けられないことが日本語歌詞の大きなディスアドバンテージとなっているのです。

音楽シーンも国際化する中、周りが押韻を当たり前のように扱っている一方で、押韻によるパワーが得られない日本語歌詞の音楽は生き残るのが難しいと言わざるを得ません。
それでも日本語歌詞の音楽は世界の音楽と戦えています。
その理由を解き明かしていけば、今後も激化の一途をたどる音楽シーンにて生き残っていくことも可能でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です