Logic Pro Xはループ素材目的で買っても全然OK!

プロミュージシャンの多くが使っているにも関わらず、いえDAW界に価格破壊をもたらしたほどの売価で販売されているために、無類のコストパフォーマンスを誇るApple Logic Pro X(以下、Logic)
本来の用途であるDAWとして使うのはもちろん、そうでなくてもLogicについてくるループ素材を目当てにして購入してしまってもOKだと思います。

それだけLogicには豊富な、というよりは膨大な素材がついてくるのです。

Logic Remote

無料
(2018.07.20時点)

App Store

posted with ポチレバ

7,000以上のApple Loopsが付属!

Logicに付属するループ素材は多岐にわたり、さまざまなジャンルに対応したドラム、ベース、ボーカル、ギター、プラス、ストリングス、シンセサイザー、SEなどなどの素材を網羅しています。
ぶっちゃけ素材単体で売っているものと比べても、Logicを買ったほうが安くて多いというレベルです。
しかも、各素材にはくせが少ないので、たくさんあるけど使えるのは僅かということもありません。

しかも増える!

Logicに付属するループは買ったときにある分でも十分過ぎるほどに多いですが、驚くことにアップデートで増えることがあります。
買う時もお得、買ってからもお得と言うことなしですね。

Logic上ですぐに素材を組み合わせられる

Logicの便利なところとして、膨大なループ素材から欲しいものサーチできるサーチ機能があることです。
探したい楽器やジャンルを設定すれば、すぐさま条件にあったループ素材がリストアップされます。

さらにはテンポやキーを設定しておくことで、ループ素材が設定に自動的に追従してくれます。
まあ、これは単なるDAWとしての機能であり、Logic特有のものという訳ではないのですが、ループ素材が目的だったミュージシャンからすれば思わぬボーナスです。

ついでにエフェクトで音色の調整もできる

LogicはDAWということで、ミックス用のエフェクト類が豊富にあります。
せっかく付いているのですからこれらを使わない手はありません。

その付属エフェクトにしても、アップデートをによってLogicが登場した当時よりも随分増えました。
それらもいつの間にか増えていたりするもので、正直私も全部は把握できていません。

こういったエフェクトを用いてループ素材を味付けするのも良いでしょう。

もういっそLogicで仕上げちゃおう!

作品の土台となるループ素材があり、それらを組み合わせたり調整できる機能があるのですから、もういっそLogicで最初から最後まで曲を仕上げてしまってもいいかもしれません。

初めて購入するDAWがLogicなら、それで全然OKです。
今まで愛用していたDAWがあるのなら、このタイミングでLogicに乗り換えてしまうのもアリっちゃアリですが、LogicをセカンドDAWとして用いるのもいいと思います。

音楽制作にDAWは一つしか使ってはいけないというルールはありません。
制作する楽曲のジャンルや製作時の気分に合わせてDAWを選択できる、かしこいミュージシャンになりましょう。

DAW二刀流のすすめ!できるミュージシャンはDAWを使い分ける!

Logic Remote

無料
(2018.07.20時点)

App Store

posted with ポチレバ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です