これからDTMを始めてみたい人は必見!こちらでオススメの機材を紹介しています!

ギブソンはなぜ倒産してしまったのか!?その理由を徹底考察してみた

レスポールに代表されるギターブランドのギブソン(Gibson)、このところの業績不振で倒産が噂されていましたが、ついにそれが現実となってしまったようです。

ギブソンは2018年5月1日、米裁判所へ米連邦破産法11条(通称チャプター11、日本の民事再生法に相当)の適用を申し立てました。
つまり事実上の倒産です。

多くのギタリストに愛され、また多くのギターファンにとっての憧れの対象でもあったギブソンは、なぜ倒産に至ってしまったのでしょうか?

今の時代に適合できなかった

ギブソンはなぜ倒産に至るまでに追い込まれてしまったのか?
それは今の時代に適合できなかったからです。

いかにギターの世界で実績と信頼を得ているといえど、その名声だけでは今の時代を生き抜くことはできませんでした。

多角的事業の失敗

いくら老舗でブランド力のあるギブソンといえど、ギター製造ひとつで事業を継続できないほどには大きくなりすぎました。
そのために事業の拡大を余儀なくされていました。

このごろのギブソンはその事業拡大のため、様々な企業を買収していました。
フィリップスの音響機器事業をはじめ、日本の音響機器企業のオンキョーなどを買収し、オーディオの分野への進出を試みていました。
また、録音機器企業のティアック、DAWのSONARでおなじみのCakewalkなども買収し、音楽制作の分野にも進出しようとしていました。

どうやらヤマハのように総合的な企業を目指していたようです。

ただ、こういった買収による事業拡大は急なことだったのか、それらがうまくいっているようには見えませんでしたし、実際に倒産にまで追い込まれてしまっている以上、それは事実だったようです。

主力であるギターの品質が落ちた

買収した事業がことごとくうまくいかなかったギブソンですが、それを追うように主力であるギターの品質も低下していきました。

その背景にはギターの材料となる木材がの入手が困難になりつつことがあります。
ギター用の木材にはマホガニーやローズウッドなどの高級家具に使われるようなものが使われています。
それらの木材が発展途上国が豊かになったことで需要が増え、良質な木材が入手しにくくなりました。
最近ではワシントン条約にて全てのローズウッド属の木材の取引に制限が設けられ、なおのこと入手が難しくなっています。

また、ギター人口を増やすためにと、これまではギブソンブランドでは製造しなかったような低価格モデルを製造販売していました。
10万円以下でギブソンが買える!と私も気になっていましたが、実物を見てみると「材料や工程をケチってコストダウンしたギターをギブソンブランドで値段を釣り上げている」といった印象を受けました。
同価格のギターと比べると見劣りする部分が多かったです。

このように、ギブソンはこれまで築いてきたギブソンブランドに泥を塗るような事業展開をしていたのです。

強力なライバルたちが台頭してきた

これまでギブソンはフェンダーとともにギターメーカーの二大巨頭として業界に君臨していました。
ただ、それも今や過去の話となっています。
ギブソンやフェンダー以外のメーカーも単なるコピーだけでなく、それぞれでオリジナリティを出したギターを製造販売するようになりました。

例えば「.Strandberg*(ストランドバーグ)」、人間工学に則った形状のギターでこれまでにない価値を提供しています。

人間工学を追求したStrandberg(ストランドバーグ)のギター

また、以前はギブソンやフェンダーのコピー製品を作っていた日本のギターメーカーでさえ、持ち前の工作技術を武器に高品質なギターを作り続けています。

信州・長野はギター生産量日本一!知る人ぞ知る信州ギターを紹介します

特に若者はギブソンへの憧れがオールドファンよりも薄いため、ギブソンはこういったメーカーと戦う必要があったのです。

ギターなどの楽器も時代に合わせて進化するもの。
ギブソンは過去の栄光で王座に座するだけでなく、他のメーカーに先んじて皆にギターの未来を見せる責務があったのかもしれません。

ギブソンブランドやギター製造への影響はない

ギブソン倒産のニュースをみた人の多くは、ギター製造やブランドに影響があるのではと心配かと思います。
ですが、その心配はないようです。

今回の倒産によってギブソンのギター製造が直ちにストップすることはありません。
ブランドにしても消滅してしまうようなことはなく、販売は継続されます。

これからのギブソンは近年の買収によって手を広げすぎていた事業を整理し、ギターの製造販売とプロフェッショナルオーディオ事業をコアとして事業再建を図っていきます。
一部では倒産に先立って業務提携を解消し、すでにギブソンの手から離れた事業もあります。
シンガポール企業のBandlabに渡ったCakewalk by Bandlab(旧名:SONAR)などがそうですね。

参考

Cakewalk by BandlabCakewalk

また、オンキョーやティアックなどの関係会社に関しても、ギブソン倒産による業績への影響はないとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です