近所迷惑にならない静音性が高いサイレントな楽器いろいろ

darksouls1 / Pixabay

 

当たり前ですが、楽器を演奏すると音が出ます。

うさぎ小屋と揶揄されるほど狭い家に住まざるをえない日本において、楽器から音が出るのは致命的なことです。
一度楽器を弾けば、家と同じように心の狭い近隣住民から苦情が飛んできます。

そうならないように楽器を演奏するには隣近所の騒音が気にならない大きな家に住むか、自宅に大掛かりな防音設備を備えるかしなければなりません。

でも、そんなことホイホイできるものじゃないです。
そんな人達のための福音が音の出ない/音が小さい、静音性が高い楽器です。

本記事では静音性が高い楽器を幾つか紹介してみます。

音が小さい楽器

まずは音が小さい楽器からです。
あくまで「音が小さい楽器」なので、多少の音は出ます。
それでも、テレビをつけた時の音よりは小さいですが。

これらは楽器が大きい音を出すための機構を取り除いて音を出にくくしているものがほとんどです。
とは言え、音を出にくくしたことによって演奏性に影響が出ないようにもなっています。

サイレントギター

サイレントギターは音が小さいアコースティックギターです。
アコースティックギターの共鳴胴を廃しているので、演奏しても弦が振動する音しか出ません。

これだけだと、ただの弦が張ってある何かですが、サイレントギターにはヘッドホン端子がついており、ヘッドホンからギターの音を聞くことができます。

サイレントギター™ – ギター・ベース – 楽器 – 製品情報 – ヤマハ – 日本

サイレントギターを販売しているヤマハからは、ギターの他にヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスなどの弦楽器も静音性の高いモデルが発売されています。

エレキギター

エレキギターと言うと轟音が響くイメージが有りますが、あの音はエレキギターを繋いだアンプから出ているものです。
何も繋いでいないエレキギターの音自体は、サイレントギターと同じく小さなものです*1

エレキギターを繋ぐアンプにはヘッドホンから音を出せるものもあります。
そういったアンプを用いれば、近所迷惑にならずにエレキギターの轟音を楽しむことができます。

こちらの記事も参照ください。エレキギターの音を出さないようにする方法について詳しく書いています。

近所迷惑にならないエレキギター自宅練習&宅録方法とそのための機材

ミュートをつけた管楽器

管楽器というとオーケストラの中でも目立つほどの音が出ますが、これにミュート*2をつけると途端に音が小さくなります。
ただし、ミュートの中には音色を変えることを目的としたモデルもあるので、ちゃんと静音性を重視したものを選びましょう。

サックスの場合は楽器の構造上、楽器のあらゆる所から音が出てくるので、トランペットみたいに朝顔を塞いでも大きい音が出ます。
なので、サックス全部を覆うようなミュートが必要になりますので注意です。

電子ドラム

ドラムもまた大きい音が出る楽器ですが、そんなドラムにも静音性の高い電子ドラムがあります。
ただし、ドラムを演奏する際の振動までは抑えられないので、振動対策するか建物の1階に住むかしないといけません。

音が出ない楽器

次から紹介するのは音が出ない楽器です。

電子ピアノ

音の出ない楽器と聞いてぱっとイメージするのは電子ピアノでしょう。

電子ピアノには家電量販店で売られている比較的安価なものから、100万円超えの高級品まで様々です。

シンセサイザー

電子ピアノと同じく鍵盤楽器ですが、ピアノ以外にも様々な音が出ます。

シンセサイザーもピンからキリまで様々です。
また、ボタン一つで音を選べるものから、いっぱいつまみやらケーブルがついていてよくわからないものまで色々あります。

iPhone/iPad

iPhone/iPadは立派な楽器です。

iPhone/iPadなどのiOSデバイスには様々な楽器アプリが提供されています。
既存の楽器を再現したものから、全く新しい概念の楽器まで数えきれないほどの楽器アプリがありますので、自分にあった楽器アプリを探すのも一興です。

静かに練習して誰にも気づかれずに実力をつけよう

日本の住宅事情は音楽をするのには向いていないかもしれません。
ですが、そんな日本でも今回紹介した静音性が高い楽器を使えば練習することも可能です。

むしろ、だれも知らない間にメキメキと実力をつけて、いきなりプロ並みの演奏をするなんてのもカッコイイと思います。
そのためにも、静音性が高いを一つ手に入れてもいいでしょう。

あと、お買い求めの際には試奏を忘れずに。

*1:共鳴胴があるエレキギターを除く

*2:消音器