近所迷惑にならないエレキギター自宅練習&宅録方法とそのための機材

楽器の上達には練習が欠かせません。
ですが日本の、特に都会おいては騒音問題のため練習場所を確保するにも一苦労。
その中でもエレキギターはアンプ用の電源が必要なため、アコースティック楽器のように屋外で楽器1つで練習するわけにも行かない、練習場所の確保が難しい楽器の1つです。

この問題を解決するにはスタジオに赴くか自宅にスタジオや防音設備を設置するというのが最適解。
ですが、前者は自分が練習可能な時間にいつも利用できるとも限りませんし、後者は多くの人にとって現実的ではありません。

そんな悩めるギタリストのために、自宅で気軽にエレキギターの練習、更には演奏を宅録するための機材を紹介します。

音を出さないようにすればOK

アンプを通したエレキギターの音は耳をつんざく爆音、そんな音を近所で鳴らされたら三軒隣の家庭からも苦情が飛んで来ます。

そうならないためにはどうすればいい?
答えは簡単、爆音を鳴らさなければいいのです。

エレキギターはアンプを通すことでCDやライブで聞くようなエレキギターの音を実現していますが、エレキギター単体の音は意外と小さく、普通にテレビを見ている時の音よりも小さいです。

でもエレキギター単体だとアンプに繋いだ時の音が出ないので練習にならないのですが、アンプの音をヘッドフォンなどで自分にだけ聞こえるようにできます。
また、レコーダーやMac/PCと接続すれば自宅録音もできるようになります。

以下、それらを可能にする機材を紹介します。

アンプシミュレーター

アンプシミュレーターはその名の通りアンプをシミュレートする機材です。
早い話、実際のアンプを繋いだ時のような音を出す機材です。

アンプシミュレーターの値段もピンからキリまで。リーズナブルに手に入る物から目玉が飛び出る程のものまで様々です。

お手軽

「本番で使う音色はイメージできるから、普段の練習はそれっぽい音が鳴っていればOK」というなら、小型軽量のAmplugがいいでしょう。

Amplugはリーズナブル、小型軽量、電池駆動、直接ギターのアウトプットにさせるのでシールドケーブルいらずという特徴のアンプシミュレーターです。

ギターケースに収まる程度の大きさなので、文字通りどこにでも持ち歩けてどこででも演奏できます。

上記はVOX AC30というアンプを模したAmplugですが、Amplugシリーズにはいくつかのモデルがあるので、お気に召したものを選ぶといいでしょう。

実用的

5万円前後のアンプシミュレーターは練習はもちろん、ライブでもレコーディングでもバッチリ使える実用品です。
アンプシミュレーターの他にもエフェクター機能も付いているため、音作りの幅も広まります。

メーカーとしてはBOSSやLINE6あたりが定番です。

高級機

アンプシミュレーターにもこだわりにこだわりぬいたハイエンド機があるもので、そのお値段もウン十万円にまで達します。

しかし、そのクオリティは折り紙付き。
最近ではプロのギタリストもハイエンドとはいえアンプシュミレーターを利用する時代です。

ギター/ベーストラックのクオリティを上げたいならKemper Profiling Amplifierを使うべし!

Mac/PCをアンプシミュレーターに

もしMacやPCを持っているなら、それをアンプシミュレーターにするソフトがあります。

AmplitubeやBIASあたりが定番ですが、この界隈も古参から新進気鋭までさまざまです。
体験版があるアンプシュミレーターは購入前に試してみるといいでしょう。

アンプシミュレーターの使い勝手を比較してみた(Amplitube 4、BIAS FX、Helix Native)

また、Mac/PCとエレキギターを接続するにはオーディオインターフェースが必要です。合わせて導入してください。

iPhone/iPadをアンプシミュレーターに

iPhone/iPadもアンプシミュレーターになります。

iPhone/iPad用のアンプシミュレーターにするアプリには以下の様なものがあります。
Mac/PCでお馴染みのAmplitubeのiOSバージョン、iOSとMac/PCに対応したマルチプラットフォームのBIASと、どちらも品質は上々です。

AmpliTube

2,400円
(2018.03.17時点)
posted with ポチレバ

BIAS Amp for iPhone

2,400円
(2018.03.17時点)
posted with ポチレバ

iPhone/iPadとギターを繋ぐにもオーディオインターフェースが必要です。
このApogee Jamは特に難しく考える必要はなく、ただ繋ぐだけで利用できます。

チューブアンプにロードボックスを繋ぐ

アンプシミュレーターだけでなく、チューブアンプを利用する方法もあります。
近年では持ち運びも簡単な小型のチューブアンプも登場しており、アンプを含めたセッティングをしているギタリストも少なくないのではないでしょうか。

そんなチューブアンプ派のギタリストのために、ロードボックス(ダミーロード)という機材があります。
これはキャビネットの代わりにアンプと接続することで、ヘッドフォン出力やライン出力を可能にする機材です。
ロードボックスがあれば自宅でもチューブアンプを鳴らすことができるので、より本番環境に近い音出しができることでしょう。

最後に

今回紹介した方法を利用すれば、エレキギターで爆音を鳴らすことなく練習&宅録可能です。

ですが、そのエレキギターの生音すらもうるさいとまで言われたら、それはもうどうしようもありません。
家に乗り込まれて刺される前に、身を引くことをオススメします。

2016年6月6日:公開
2020年2月16日:更新