無料のフリーソフトでDTMを始めてはいけない

音楽制作を始めて見たい。できれば無料で。
そうなると、コンピューターさえあればすぐにでも音楽制作を始められるDTM、それも無料のフリーソフトでという選択肢に至ることと思います。

ですが、無料のソフトでDTMを始めるのは、ソフトの操作や音楽そのものの学習や習得が何かと遠回りになるので止めましょう。
特に初心者やコンピューターに明るくない人は。
無料という言葉は魅力的ですが、実際問題そういったの無料のソフトをDTM初心者が触るのは相当難しいです。

無料でDTMはできるの?

DTMは無料で始められる、これは事実です。
ですが、それは紙とペンがあれば絵を描いたり小説を書いたりすることができるというのと同じことです。
音楽にしても、紙とペンがあれば楽譜を書けます。

DTM(Desktop Music)とは、それつまりコンピューターを用いて音楽制作を行うことです。
そして、DTMのためにはDAW(Digital Audio Workstation)といわれるソフトウェアが必要になります。
よって、DTMを始めるということは、DAWを入手することから始まります。
コンピューターとDAW、それがDTMにおける紙とペンに当たります。

では無料のDAWなんてものがあるのかといえば、これが探せば意外と見つかるものです。
ですが、そうして見つけた無料のDAWには以下のような制約がつきまといます。

  • 機能・性能にばらつきがある
  • 安定性に不安が残る
  • 制作支援機能なんてない
  • 懇切丁寧なサポートはない

無料のDAWは上記の諸々を理解した上で、かつあらゆる問題を自力で解決できるような人でないと使うことすらままならないでしょう。
ですので、私は無料のDAWは音楽制作やソフトウェアへの造詣が深い上級者向けと考えています。

音楽制作が目的なら無料DAWは非推奨

DTMを始める上で最初にぶつかる壁、それは「DAWの使い方がわからない」ことです。

DAWはコンピューターソフトの中でも扱いが難しい部類に入る難解なソフトです。
操作する項目も多ければ、コマンドやボタン、用語からして何を言っているかわからないことばかり。
このようなソフトをいきなり「はいどうぞ」と渡されて、使いこなせるものではありません。

そんな時に頼りになるのがメーカーのサポート。
メールや電話でわからないことを質問すれば万事解決です。
例えば、日本で人気のDAWに「Steinberg Cubase」というものがありますが、これが結構いいお値段します。
最上位の「Cubase Pro」が約6万円、普及版の「Cubase Artist」でも約3万円、エントリー版の「Cubase Elements」は約1万円ほどです。

Steinberg Cubase Pro 10
created by Rinker
Steinberg Cubase Artist 10
created by Rinker
STEINBERG CUBASE ELEMENTS 10
created by Rinker

ですがその分、DAWなんてこれっぽっちもわからないDTM初心者にとっては天の助けとも言える手厚いサポートを受けられます。
ちなみにCubaseを販売しているのはピアノやエレクトーンなどの様々な楽器でおなじみのYAMAHAなので、なおのこと安心ですね。

一方、無料のDAWともなるとそういった万全のサポート体制なんてありません
そうなると、とにかく調べるほかありません。
しかし、DTM初心者からすれば何がわからないのかすらもよくわからないことでしょう。
そうやって彷徨ううちにDTMに対する情熱が薄れてしまいます。
よしんば情熱が冷める前に調べ物がうまくいったとしても、音楽制作を始めるスタートラインに立つだけで貴重な時間を浪費してしまうものです。

音楽制作を目的としているのに、その手段としてのDTMを始めるのに全力を尽くすなんて本末転倒です。
しっかりとお金を出してDAWを買ったほうが結果的には音楽制作への最短ルートを歩めます。

また、DTMってどんなものかと触れて見たいという人でも、環境整備に時間のかかる無料のDAWよりも、インストール後すぐに使い始められる有料のDAWの体験版を使ってみるほうがいいと思います。
あるいは楽器店に赴いてDTMについての説明を受けるというのもいいでしょう。

本ブログでもDTMでの音楽制作を始めるためのオススメ機材を紹介しています。
よろしければご覧になって参考にしてみてください。

DTMで音楽制作を始めるために必要な機材を紹介!

それでも無料でDTMするなら

以上のように、私はDTMを始めるにあたって無料のDAWを勧めませんが、それでも様々な無料のDAWを探す人もいると思います。
DTM以外の用途でDAWを求めている人がいるかもしれません。
そんな方々のために、私が知ってる無料のDAWの中でも人様にお勧めできるものを以下の記事にまとめましたので、よろしければご参照ください。

無料で使えるDAWならコレを選ぶべし!

逆にこのソフトはやめておいたほうがいい

オススメソフトがあれば、逆にオススメできないソフトもあります。
以下の記事をご参照ください。

これだけは止めておけって無料DTM環境

特に、Domino + VSThostの組み合わせには絶対に手を出さないのが賢明です。
「DTM 無料」と調べるとすぐさま出てくる組み合わせですが、現在の音楽制作環境と言うには余りにも貧弱すぎます。

バンドルソフトを狙ってみよう

少しお金はかかりますが、キーボードやオーディオインターフェースなどに付属しているバンドルソフトを使う手もあります。
製品として販売されているDAWと比べてしまうと制限はあるものの、メジャーなソフトが安価に使えるのがいいです。

DTMを始めるならバンドルされるDAWソフトを狙おう

こういったバンドルソフトを持っていると製品版をアップグレード価格で購入できるのもまたメリットです。

DTM以外にも音楽制作の方法はある

音楽制作の手段として、何もDTMに拘る必要はありません。
DAWを用いてのDTMはあくまでも音楽制作の一つの手段であり、DTM以外の方法でも誰かに自分の音楽を届けられる形にすることは可能です。

例えばMTRでの音楽制作。
いろんな機材を用意することなく、複雑な手順を踏むことなく、音楽制作にのみ集中できる環境です。

DAW時代の今だからこそのMTRを活用した音楽制作

あるいはワークステーションシンセサイザーによる音楽制作。
鍵盤楽器を弾きこなせるなら、これこそが最短経路かもしれません。

手っ取り早く音楽制作するならワークステーションシンセサイザーがオススメ

楽器演奏ができなくても、1音1音コツコツ打ち込んでいくミュージックシーケンサーやサンプラーを使うのもありです。

イマドキのハードウェアミュージックシーケンサー事情

私の一押しシーケンサーはElektron Octatrackです。
初心者にお勧めするのは酷かもしれませんが、使いこなせれば良き相棒になってくれるでしょう。

わたしの、最高の友達 Elektron Octatrackわたしの、最高の友達 Elektron Octatrack

また伝統的な音楽制作環境を受け継ぐ最新機種のMPC Liveなんかもいいかもしれません。
MPCシリーズは難しいこと抜きに直感的に音を並べながら、音楽制作を進めることができます。

AKAI MPC Live、ついにスタンドアローンのハードウェアサンプラーが復活か?