「Novation Groovebox for iOS」でお手軽&本格的な音楽制作をしよう

NovationがiOSデバイス向け音楽制作アプリ 「Groovebox for iOS」を公開しました。

Novationはこの以前に「Blocs Wave」というアプリを出しており、私的にもそのアプリが気に入っていると言うこともあって、今回のGrooveboxにも期待が持てました。
そして、実際に触って見た感じもなかなかにいいものだったので、ここで一つ紹介することにします。

Grooveboxは無料で入手可能、アプリ内で課金することで音色の追加やシンセサイザーの編集機能のアンロックが可能です。
音楽制作に興味があるなら、ぜひ触ってみてください。

Groovebox - Beats & Synths Music Studio

Groovebox – Beats & Synths Music Studio

  • Novation
  • ミュージック
  • 無料

デモ

さっそくGrooveboxを用いてデモをこしらえてみました。
この記事を読みながらでも聞いてください。

Grooveboxのアプリ内で課金すると追加の音色プリセットやフレーズが使えるようになりますが、本デモで使っている音色とフレーズは無料の範囲内でやってます。
無料の範囲内でもしっかりとした音が出てきますし、課金は無料範囲をしゃぶりつくしてからでもいいと思います。

そして、Grooveboxの音をElektron OctaTrackで1トラック毎にサンプリングし、出来上がったものが本デモとなります。
OctaTrack、こういうiOSアプリで音楽制作するときになにかと便利です。

わたしの、最高の友達 Elektron Octatrack サンプラーをiPhone/iPadでの音楽制作のお供にしよう

頑なに旧機種のリンクを張っている理由はこちら。
やっぱり以前のOctaTrackのデザインが好きだ

Grooveboxはこんなアプリ

では、Grooveboxはどういうアプリなのでしょうか?
音楽を作るためのアプリということはお分かりいただけましたでしょうが、さらに詳しくみていくことにします。

Grooveboxはその名の通りグルーブボックス、さらに言えばリズムやフレーズを一つのアプリで同時に鳴らせるというものです。
こういうアプリとかハードウェアは何かとボタンやつまみがついてたりして、どこ触ればいいのかわからなくなってしまうものですが、Grooveboxではかなりシンプルにまとめられています。

Grooveboxは4種類のシンセサイザーが搭載されています。

  • リズムマシンの「DRUMBOX
  • ベースやリードを担当するモノシンセサイザーの「RETROBASS
  • コードやパッドを担当するポリシンセサイザーの「POLY-8
  • 新規追加されたウェーブテーブルシンセサイザーの「MINIMON

Grooveboxが登場した直後はDRUMBOX、RETROBASS、POLY-8の3種類でしたが、アップデートによってMINIMONが追加されました。
もしかしたら、今後も新しいシンセサイザーが登場するかもしれません。

そして、これらを最大8つまで組み合わせて音楽を形作っていくことになります。
上の画像はGrooveboxのミキサー画面。
各シンセサイザーの音量はこの画面で操作してバランスを取っていくことになります。

こちらは音色のプリセット選択画面。

目の前に4種類のシンセサイザーがあると言われても、それらが誰でもすぐさま使いこなせるわけではありません。
ですが、Grooveboxなら誰でもすぐさまこれら4種のシンセサイザーを駆使して音楽制作できます。

Grooveboxのシンセサイザーにはそれぞれプリセットが備わっており、それらから気に入った音色を選べます。
さらに、各プリセットを選んだ瞬間にランダムにフレーズがアサインされるので、フレーズが思い浮かばなくても安心。
もちろん、このときに出てきたフレーズが気に入らなければ再選択したり、あるいは自分で編集したりすることも可能です。

このように音楽知識がなくても画面をポチポチしているだけで音楽制作できる点は、同Novationが出している「Blocs Wave」と似通う部分がありますね。
音楽制作したいけど最初に音を鳴らし始めるところが面倒くさいと思っているモノグサな私にとって、GrooveboxやBlocs Waveほどありがたいものはありません。

Blocs Waveは簡単操作で誰でも本格的に作曲できるアプリでした

Blocs Wave - Make & Record Music

Blocs Wave – Make & Record Music

  • Novation
  • ミュージック
  • 無料

また、音色とフレーズのプリセットはアプリ内で課金することで追加可能です。

DRUMBOXの追加音色は240円、その他のシンセサイザーは120円となります。
無料で使える範囲の音に飽きたり、さらなる可能性を追求したい方は課金してみるといいでしょう。
このか金額が高いか安いかは人それぞれでしょうが、私からすればソシャゲのガチャなんかよりもずっと良心的だと思いますよ(笑)

そして、シンセサイザーに詳しい方ならプリセットの音色を自分色に染め上げたいと、音色の編集がしたいと思うでしょう。
この音色の編集機能、課金要素です(600円)
それぞれのシンセサイザーごとに課金が必要になりますが、それらを全部アンロックできる「Pro Features Collection」は1800円と若干お得。
それでも結構な値段になりますが。
なあに、ソシャゲの10連ガチャからすればまだまだ良心的ですよ(笑)

改善してほしい点

ただ、使っているうちにここは改善してほしいと思う部分がないわけでもありません。
以下が一例。

  • シーケンサーの使いやすさの改善
  • シーケンサーでのMIDIインポート/エクスポート
  • パラメータのオートメーション対応
  • Blocs Waveのようなシーン機能アップデートで追加されました

NovationやAmpifyは精力的にアプリをアップデートする類のデベロッパーなので期待が持てます。
今の操作感を保った上で機能を充実させてくれればいいなと思います。
もちろんプリセットの充実も歓迎、音色とフレーズがセットなのが本当に嬉しい限りです。

Groovebox - Beats & Synths Music Studio

Groovebox – Beats & Synths Music Studio

  • Novation
  • ミュージック
  • 無料

オススメの製作法

現在の仕様のGrooveboxにて音楽制作する上で、私がオススメする製作法は

いい感じのフレーズが出てくるまで、とにかくプリセットをタップしまくる

ことです。
そんなのでいいのかと思える身もふたもない製作法ですが、多分これが一番早い&いい結果が得られると思います。

また、iPhone/iPadの画面で操作してても十分ですが、MIDIキーボードがあるとさらに制作が捗るかもしれません。
Grooveboxの本家本元であるNovationからGroovebox対応のMIDIキーボードが出ているので、それを使ってもいいでしょう。

注意!
iPhone/iPadとLaunchkey Mini MKIIとの接続にはカメラアダプタが必要になります。

このLaunchkeyにはLoopmasters製の1GBのサンプルパック、そしてMac/PC用のDAWである「AbletonLive Lite」が付属します。
GrooveboxにはLive用のプロジェクトファイルをエクスポートする機能があるので、Grooveboxであらかた作った後にLiveで仕上げるということもできるようになります。