これからDTMを始めてみたい人は必見!こちらでオススメの機材を紹介しています!

Blocs Waveは簡単操作で誰でも本格的に作曲できるアプリでした

f:id:tora-sub:20160410202201p:plain

最近発表された「Blocs Wave」という作曲アプリの紹介です。

作曲に関する知識がなくても作曲できるのはもちろん、本格的に音楽やってるミュージシャンにとっても手早く様々なジャンルの曲を作れるので、万人におすすめの作曲アプリです。

Blocs for iOS | Make, record and share music on iPad   iPhone | Wave for iOS – Make & Record Music differently for iPad & iPhone

Blocs Wave - Make & Record Music

Blocs Wave – Make & Record Music

  • Novation
  • ミュージック
  • ¥600

1つ作ってみた

御託を並べるよりもどんなものを作れるのかを提示したほうが話しが早いのは世の常、ということで1曲作ってみました。

シンセベースが高音域でゴリゴリ鳴る、Future Bassってジャンルを意識してみました。

どんなアプリ?

Blocs Waveは最大8つまでのフレーズを組み合わせて曲を作るアプリです。

画面はこんな感じ。

f:id:tora-sub:20160410205428p:image:h320

画面の蜂の巣みたいな部分をタップすると、指定したジャンルのフレーズがランダムで選ばれ、そうやって偶然選ばれたフレーズを組み合わせて作曲していきます。
素材となるフレーズは最初から幾つか付属してます。
また、アプリ内ストアで購入や自身でサンプリングして素材を増やすことも可能です。

デモはこんな感じ。

Blocs Wave | Build Music Instantly – Performance

デモムービーでサンプリングに使っている機材は「Novation Circuit」ですね。
本ブログでも取り上げています。

Novationがグルーブボックス「CIRCUIT」を発表!いつでもどこでも作曲できる優れもの

それと「Critter & Guitari Pocket Piano」ですね。
Critter & Guitariについても別の製品ですけど触れたことあります。

Critter & GuitariのOrganelleは自在にプログラミング可能な楽器だ

構成はGarageBandで

「Blocs Waveで曲を作ってみた」なんていう体で記事を書いているものの、これは半分本当で半分ウソです。
残念ながらBlocs Waveだけでは上記のような曲を作ることはできません。

確かに、曲を構成するフレーズはBlocs Waveのもののみを使っています。
しかし、これらを曲の形にしたりSoundCloudにアップロードしたりする機能はBlocs Waveに備わっていないため、編集用のアプリを別に使わなくてはなりません。
この辺は今後のアップデートに期待ですね。

幸い、iPhone/iPadにはGarageBandというフレーズを並べて作曲するアプリであるDAWが標準装備されています。
これを使わない手はないですね。

GarageBand

GarageBand

  • Apple
  • ミュージック
  • ¥600

ということで、今回作った曲ではGarageBandを用いてフレーズの抜き差しを行いました。
Blocs WaveとGarageBandとのフレーズ素材のやり取りは「Audio Copy」という機能で可能です。

f:id:tora-sub:20160410205409p:image:h320

せっかくなので、GarageBandに新たに備わったFX機能でエフェクトをかけて曲に展開を付けてみました。
この機能、触っているだけでもすっごい楽しい。

こんなのが標準でついてくるiPhone/iPadはいいぞ!

「作っている感」が味わえる

Blocs Waveは画面をタップする手間はありますが、ほぼほぼ自動作曲アプリといってもいいでしょう。

自動作曲システムについてはこの記事で触れているのですが、ここで紹介しているシステムってコンピューターが作曲した結果を出力するものが殆どで、自分でなにかやってって達成感がないんですよね。

ITスキルを持っていれば、初心者でも作曲ができてしまう時代はもう来ている

ですが、Blocs Waveは自動作曲といっても自身で各パートのフレーズを厳選するために、最終的な判断を人が下すことができます。
これってつまり、自分で「作曲」してるってことになるんです。
画面をタップする「作業」も、いい意味で捉えれば作曲のための行為。
ただの画面タップがクリエイティブなものに!

ということで、Blocs Waveは本格的な音楽を誰でも「作曲」できるアプリなんです。
私も今後大いにお世話になると思います。

Blocs Wave - Make & Record Music

Blocs Wave – Make & Record Music

  • Novation
  • ミュージック
  • ¥600