これからDTMを始めてみたい人は必見!こちらでオススメの機材を紹介しています!

マンドリンが輝くブルーグラスという音楽ジャンル

photo by glasseyes view

マンドリン興味を持って調べだしてから、ブルーグラスというジャンルを知った。
今回はそのブルーグラスについて書いてみた。

マンドリンは言わずもがなマイナーな楽器だ。
日本では特にマイナーなためにプレイ人口が少なく、それ故に情報を仕入れるのにさえ苦労を強いられるぐらいだ。

でも、そんなマンドリンが主役となる音楽ジャンルがある。
それがブルーグラスだ。

ブルーグラスとは

ブルーグラスはアメリカのカントリーミュージックの一種である。
堅苦しい概要説明はWikipedia先生の出番だ。

ブルーグラス – Wikipedia

ブルーグラス(Bluegrass music)は、アメリカのアパラチア南部に入植したスコッチ・アイリッシュ(現在の北アイルランド、アルスター地方にスコットランドから移住した人たち)の伝承音楽をベースにして1945年末、ビル・モンローのブルー・グラス・ボーイズにアール・スクラッグスが加わってから後に発展したアコースティック音楽のジャンル。

この記事を書くにあたってブルーグラスを色々聞いてみたが、私はブルーグラスに仲間内で酒を酌み交わしながら演奏しあう音楽というイメージを抱いている。
とにかく明るい。これでもかというほど底抜けに明るい。
マイナー調の曲にしても、どこかに希望を持っているかのような明るさも感じられる。
嬉しい事も悲しいことも何があってもどんちゃん騒ぎを忘れないという精神を感じさせられる。
その性質上、パーティ用のBGMとしても活躍しそうだ。

ブルーグラスの楽器

ブルーグラスに用いられる楽器は主にギター、フィドル、バンジョー、リゾネーター・ギター、ウッドベース、そしてマンドリンだ。
ブルーグラスにおいて、マンドリンは主旋律を奏でる。
つまり、一番目立つポジションなわけだ。
もちろん、コードを演奏することができるので、主旋律以外でもオールマイティーに活躍できる。

マンドリン以外のブルーグラス楽器に普段は聞きなれない楽器があったので、一応それらについても触れておく。

フィドル

フィドルとはヴァイオリンのことだ。
アイリッシュ音楽を奏でるヴァイオリンのことをフィドルと読んでいるだけで、楽器の構造も何もかもがヴァイオリンそのものだ。

バンジョー

バンジョーはアフリカ系アメリカ人によって生み出された楽器だ。
胴に動物の皮を張っており、それが弦の振動を共鳴させて音にする。
似た原理の楽器として三味線がある。

リゾネーター・ギター

リゾネーター・ギターは共鳴板(リゾネーター)を貼り付けたギターのことだ。
ギターとはまた違った音を出す。
よくドブロと呼ばれる楽器だが、ドブロはリゾネーター・ギターのブランドの一つだ。

ブルーグラスのために作られたフラットマンドリン

フラットマンドリンはオービル・ヘンリー・ギブソンによって、ブルーグラスに求められる音色を目指して作られた。
結果、瓜を半分に切ったような形から、今のギターを小さくしたようなボディになった。
また、Style-Fと言われる現在のフラットマンドリンのデザインも、この頃から変わっていない。

ちなみにオービル・ヘンリー・ギブソンとは、今やギターを弾く人なら必ずと言っていいほど知っている「ギブソン」の創業者だ。
つまり、ギブソンとはフラットマンドリン製作から興ったメーカーなのである。

オススメの1曲

先月は満月が1月に2度あるブルームーンだったということで、こちらを勧めておこう。

Bill Monroe & the Bluegrass Boys – Blue Moon of …

参考リンク

最後に、ブルーグラスやブルーグラスの楽器の詳しい紹介が載っているページを見つけたのでリンクを貼っておく。
詳細はこちらを参照するといい。

ブルーグラスの楽しみ方|各楽器の紹介

Blue Moon of Kentucky

Blue Moon of Kentucky